不動産鑑定士の仕事内容とその役割

不動産鑑定士の役割とは、不動産の経済価値を判定し鑑定評価を行います。
つまり、国や地方自治体から公表される、土地価格一覧不動産の価格を決定することが出来ます。
仕事内容は、自治体などから依頼される、地価公示法や国土利用計画法施行令に基ずく鑑定評価や相続税を課税するときに基準となる価格の決定などを行います。
民間企業や個人からの依頼は、不動産売買の参考となる基準額の鑑定評価やその他不動産に関する資産評価などを行います。
不動産に関して、利用方法や取引から投資までの相談業務も受けることが出来ます。
不動産鑑定士になるためには、国土交通省土地鑑定委員会が実施する国家試験である不動産鑑定士試験に合格をしなければなりません。
不動産鑑定士試験は、短答式試験と論文式試験に分かれています。
短答式試験は、主に不動産に関するあらゆる法律から出題されます。
合格率も低く、非常に難しい試験です。
不動産鑑定士試験に合格をすれば、独立をして不動産の仕事を行うことが出来ます。

リフォームをすることが出来る不動産物件

賃貸マンション不動産物件などの場合は、簡単に引越しをすることができて、仕事の都合や、様々な理由で引っ越しをしないといけない場合には、簡単に手続きをすることが出来ます。
それに家族の生活スタイルや、子供達の成長に合わせて住まいの間取りを変えるために引越しをすることができます。
しかし賃貸マンション不動産物件の場合は、自分の住まいではないので、家賃を払い続けても自分の資産になることは無いです。
家賃をずっと払い続けることになります。
しかし分譲マンション不動産物件の場合は、家賃と同じぐらいの金額を払い続けていくことによって、自分の資産として分譲マンション不動産物件を残すことが可能です。
それに将来住み替えるのではなく、生活の変化に合わせて住まいのリフォームをすることが可能です。
住まいと一緒に家族も成長して行くことができます。
間取りなど自由に家族の生活スタイルに合わせて変えれるので、住みやすい環境に自分で住まいを変えれます。

最新記事

  • 子供に土地を相続させようと思っていたのですが、不動産の相続を渋っている感じだったので、思い切って土地 …

    続きを見る

  • 土地や建物などの不動産の中で、今興味を持っているのは建物です。
    中でも古民家に興味があり、私に …

    続きを見る

  • 会社を経営している大金持ちの友達から、土地が欲しいなら安く売ってやるといわれたので、格安で売ってもら …

    続きを見る